とても普通で平凡です。そんな愛しい日常生活を綴ります。


by soranikokoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

天橋立



夏休み最後の日曜日は日本三景のひとつ、京都府の天橋立へ。

絶景が楽しめる、文珠山の山頂にある天橋立ビューランドへは

リフトかモノレールに乗り、向かいます。



私はリフトに乗りました。6分経つと・・・



b0207772_23542157.jpg

圧巻!龍が天に舞い上がる姿に似ていることから、この景色を「飛龍観」と呼ぶそう。



「股のぞき」をしている人はいなかったなぁ。しかし、すごいネーミング!

頭を下げて自分の足の間から、さかさまにこの景色を観ると

天地が逆転し、細長く延びた松林が一瞬天にかかるような情景を

愉しむことができると言われていますね。



b0207772_23585723.jpg

違う方向を観てもこの美しさ!2時間以上かけてやってきた甲斐があるというもの。



b0207772_004127.jpg

入場料はリフト込みで大人850円、子ども450円。ミニミニ遊園地と展望台からなる。



b0207772_041641.jpg

かわいらしい観覧車。数は少ないが他にも乗り物がいくつかある。ゴーカートも。



b0207772_08409.jpg

空中散歩が楽しめる飛龍観回廊。龍をイメージしたうねりのある回廊部分。



b0207772_0114371.jpg

帰りのリフトから。龍が天に舞い上がるような姿を大きくダイナミックに楽しめる。



そして土産物屋をひやかしながら、少し歩いて向かった先は・・・
b0207772_0134261.jpg

廻旋橋(かいせんきょう)という名の珍しい橋。天橋立と文殊堂のある陸地をつなぐ。



この橋は船が来るたびに橋が中心を基点に90度回転し、

陸地と橋が平行になった時、橋の脇を船が通れるしくみになっています。

昭和35年に現在の橋が完成するまではなんと、手動で回していたとか。

天橋立ビューランドから廻旋橋まで歩いてもすぐです。



暑い暑い一日でしたが、汗をぬぐいながら存分に景観を楽しみ

またこれからの生活のエネルギーをもらった気分です。

9月になっても、まだまだ暑く

普段の暮らしだけでも疲れは出ますが、それもあともう少し。
[PR]
by soranikokoro | 2012-09-07 00:39