とても普通で平凡です。そんな愛しい日常生活を綴ります。


by soranikokoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログを始めた理由


9月30日は3ヶ月間通った、webの職業訓練校の最終日でした。

職業訓練校には今まで何度か通ったことがありますが、

最終日をこんなに寂しい気持ちで迎えたのは、初めてのことです。

熱心に教えて下さった先生、隣席の友人、気さくなクラスの人たち。

今回は本当に人に恵まれ、楽しく(時には苦しい時もありましたが)

とても短く感じた3ヶ月間でした。



実は私は子どもの頃から日記をつけていて

近年は「10年日記」も2冊めに突入するほど、

文章は「手で書く」派の私が、ブログなんてものを始めたのは

職業訓練校の卒業制作がきっかけでした。



webの訓練校に通い、その卒業制作でひとつの作品をつくるにあたって

無謀にもいきなり「実在するお店のHPをつくりたい!」

と思ってからのいきさつは、このブログの初回に記したとおりです。



近所のカフェのオーナーさまに

「うちは、モバイルのHPがあり、それで十分なのです」

と最初に言われているにも関わらず

それでもメゲずにお願いし、何とか取材を許して頂きました。



オーナー様の現在のモバイルのブログから

エキサイトブログに移行してはどうかと私は提案し

どれくらい簡単か(本当に簡単なのか)ということを証明するために

私がまず、自分でブログを始めることにしたわけです。

オーナーのRさんに出会わなければ、このブログの存在はなかった…。




これまでのRさんとの何度かのやりとりの中で

アクセス解析までやってほしいと言われ、うれしい半面、

自分に応えられるか自信がなく、思わず「それ以上はビジネスになってしまいます」

とつぶやいてしまい、Rさんの気を悪くさせてしまったことがありました。

人とのやりとり、交渉は本当に難しいと感じた瞬間でした。

Rさんからみれば「1円も頂きませんので、HPを作らせてください」と

言っていた人間が突然、料金を要求してきた、と身構えた瞬間だったのでしょう。



そこにあるのは対立ではなく、立場と思いの違いです。

いや、思いは同じだったのかもしれません。不安感。とまどい、のようなもの。

口ベタで、思いをうまく言葉にのせられない自分が本当に悔やまれました。



そして、めちゃくちゃなタグ(web制作に必要な英文字と記号の羅列)ながらも

何とか、いちおうの完成をみました。



結果として、私の制作したHPの採用は見送られました。

当然だと思います。最初からそう言われていましたし。

今はただ、お忙しい中、良く知らない人間の戯れごとに

根気よくお付き合い頂けたことに、ただただ感謝あるのみです。



ありがとうございました。



「このHPがUPされたらいいですね」と言って下さったY先生、

1時間以上かけて、見事な手さばきでタグを作りなおして下さったM先生、

(そのファイルをUSBメモリに入れ忘れ、最終日に消去してしまったマヌケな私。

 だから、いまだソースはおかしいまま…。

 どうしたらいいかわからず、途方に暮れ、真剣に泣いた)

メゲそうになった時、励ましてくれた、ふたりのMちゃん、

そして、私の家族たち。

みんなみんな、本当にありがとね。

いろいろな意味で本当に良い勉強ができた、密度の濃い3ヶ月間でした。

今年の夏は、この異常な暑さとともに

私にとっては忘れられない、思い出深い夏になりました。



b0207772_0201122.jpg

[PR]
by soranikokoro | 2010-10-07 00:32