とても普通で平凡です。そんな愛しい日常生活を綴ります。


by soranikokoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


b0207772_23294045.jpg

親子レモン登場!



職場の人にレモンをもらいました。

普通のサイズの。

大きいレモンは実家になったレモン。

この対比、どうですか?

本当にレモンか?

「レモンやで~。」と言って、毎年もらいますが。

いつも玄関に飾るだけで、食べたことはないんです。

「まずいよ~」とも、母は毎年、言ってます。
[PR]
# by soranikokoro | 2013-02-02 23:50

私の住む市が主催するレザークラフト講座 4回目でつくったものです。



b0207772_014895.jpg

キーケース。今回も着色はあえてしません。手が通る持ち手にしました。



b0207772_019449.jpg

中を開けるとこんなふう。ここにつけようと思うカギは、3つもないんですけどね。




材料費のみで教えてもらえる市の講座って、本当に魅力的!

市や県の広報誌チェックにハマる私です。
[PR]
# by soranikokoro | 2013-01-21 00:27

なにわ食いしんぼ横丁



神戸に行った帰りに、遅い時間でしたが

天保山マーケットプレースに立ち寄りました。



b0207772_0375246.jpg

関西人にはおなじみの海遊館(水族館)もあり、キラキラのペンギンがお出迎え。



迷わず、なにわ食いしんぼ横丁へ。

昭和40年前後の大阪の様子をイメージしているそう。



b0207772_0452261.jpg

オムライス発祥の店として知られる「北極星」へ。体操服が干してあり、演出最高!



b0207772_049330.jpg

えびオムライス+えびフライとお味噌汁のセットを。大きいえびが10個近く入ってた!



b0207772_0581745.jpg

串かつ! コロモがサクサクでお肉も柔らか! ぜんぜん脂っこくない。



オムライスも揚げ物も自分で作れますが、こんなにおいしくできない。

どこが違うんだろう?

オムライスのソースは濃すぎず、

主張していない柔らかい味ですが

確実にまた食べたいと思わせてくれます。
[PR]
# by soranikokoro | 2013-01-16 01:05


連休中に神戸へ。


阪神大震災から18年が過ぎようとしています。

鎮魂の祈りをこめたコンサートを観覧しました。

会場の様子はスカイプで宮城の南三陸町とつながっていました。



b0207772_072361.jpg

寺尾仁志率いるゴスペルグループ human note とデュオユニットJ&Oが出演。



human note は年齢・性別・職業を超えた

700名からなるゴスペルグループ。

世界中にウタの種をまき、さまざまな支援活動をしています。

昨年、地元開催の市民参加のイベントで一緒に歌わせていただき、

以来、ウタの魅力に開眼した私なのです。

そんな軽い気持ちで行ってみたコンサートでしたが

重くずっしりと心に響くものでした。



human note と一般参加の方の歌は、

昨年参加したイベントを思い出し、共感ひしひしと

ひとりひとりのお顔を拝見しながら聴きました。



J&Oさんはサーカスというグループ内のご夫婦ユニットで

低音から高音まで素晴らしく響かせる歌唱力のおふたりでした。

人の声がその人の体に響いて、かけがえのない楽器となることを

鮮烈に見せてもらった気がします。



そしてコンサート後半、南三陸とここ、神戸をスカイプでつなぎ

human note の寺尾さんと被災された方のやりとりがありました。

その方の言葉です。物心、数々の援助に感謝を述べられたあと

「日に日に、悲しみが増します。」

ふり絞るような声で話されました。

会場のあちこちで多くの方が泣いていました。



今の自分に出来ることは、

すこしばかりの募金と一緒に涙することだけかと

とてもはがゆく、やりきれない。



神戸で被災され、その経験と復興の様子を語り部となって

講演されている伊東正和さんが繰り返し言われたことを最後に。



今を、あたりまえと思わないでください。

今、自分の周りにいる人を大切にしてください。

「いってきます」も言えないまま、

別れなければならなかった人が、たくさんいるのですから。
[PR]
# by soranikokoro | 2013-01-15 01:06

昨年12月のことなんですが

私の住む市が主催する「レザークラフト講座」

2回目、3回目につくったものです。

1回目の記録はコチラ



b0207772_23441371.jpg

真ん中のブレスをつくる。石のブレスは友人のネットショップ「field poppy」で。



この3本をよく一緒につけています。

もうひとつは時計。

ファッションはよくわかりませんが、小物は好きなんです。



b0207772_23413547.jpg

メガネケース。あえて着色せず、そのままで。不自然な絵はお気になさらずに…。



何もないところから、ひとつのものが出来上がっていく過程は

本当におもしろく、無心になって熱中してしまいます! 

自分でつくると、不細工でもオンリーワンですし。
[PR]
# by soranikokoro | 2013-01-11 00:21



b0207772_163625.jpg





元気に新年を迎えることができました。

2013年も楽しんでいろいろチャレンジします!

一生懸命働いて、

時々うたったり、

わらったり、泣いたりしたいと思います。

よろしくお願いします!
[PR]
# by soranikokoro | 2013-01-01 01:22


しつこく続いているこの話題 「Sing for the Earth in 飛鳥 Ⅲ」

奈良の飛鳥地方を世界遺産に!という目的のもと企画された

一般参加型のゴスペルコンサート!



b0207772_0234820.jpg




練習を重ね、12月23日に本番を迎えました。

感動で絶対泣いてしまうと思っていたのに、泣くどころか

楽しくて楽しくて仕方なかった!

リハーサルの時、自分の声がホールに吸い込まれて聞こえず

本番前の控室で、近くにいたメンバーたちと必死に音合わせ!

その甲斐あってか、何とか本番で自分の声がわかった。

はずした音もよくわかったけど…。



私は1人で参加したので知り合いは誰もいなかったけれど

声を合わせると、不思議とその存在を身近に感じ

つながりをとても意識できた。

ひとりで歌っているけど、ひとりじゃない!

息を合わせ、ハーモニーを重ねる喜びは

大勢で歌うことの醍醐味!

音響のよいステージ上で、ぴたっと音がハマり、

それぞれのパートがお互いを生かしあう瞬間には、

猛烈な勢いで鳥肌がたった。

こんなに大勢で、ステージ上で歌が歌える

その非日常の喜びは、平穏な日々があってこそと

いろいろなものに激しく愛しさを感じ、

そして静かに感謝した1日でした。



平穏な日々が困難な地域もある中で

歌いながら祈る~

言うまでもなく

それがゴスペルの発祥であり、真価でもあるようです。


* * * * * * * * * * * * * *


ゲストシンガーの光永亮太さんのブログをのぞいたら

「鳥肌がたって、歌いながら何度も泣きそうになった」と。



惚れそう…。



そして昨日、サプライズゲストが来た!と記しましたが

光永さんのブログであっさり写真つきで

公表されてました。笑。その人の名は…

中西圭三さんでした!
[PR]
# by soranikokoro | 2012-12-26 01:06


クリスマス、いかがお過ごしですか?

昨日は家族でささやかにパーティらしきものを。

今日は小1の娘を義父母宅へ送り、お鍋を囲みました。



365分の2の、ただの2日間ですが

子どもにとっては歓喜の2日間なのですね。

わたし自身はクリスマスや誕生祝いの思い出が少なく

実はプレゼント下手であります。

どうしてよいか、わからないんですね。

人にプレゼントを選ぶ時、とても時間がかかってしまう。



でも、だからこそ娘には大人になっても忘れられない、

クリスマスの思い出をつくってあげたいと思っています。



b0207772_23403936.jpg

サンタが乗っているのは、トナカイじゃないけど! 白の動物フェチのわたし。
[PR]
# by soranikokoro | 2012-12-25 23:44


b0207772_23131152.jpg



昨日はコンサート「Sing for the Earth in 飛鳥 Ⅲ」へ。

第1部は関西を中心に活躍するアーティスト寺尾仁志さん率いる、

100名を超えるゴスペルシンガーズ human note のライブ。

第2部は光永亮太さんのアコースティックライブ。

第3部はhuman note と一般参加のコラボライブ、

という3部構成のゴスペルスタイルのコンサート。



ブログのおなじみさんには、何度も取り上げていたので

ご存知のとおり、第3部に出演させてもらった私!

本当に心ふるえる、貴重な経験だった。



human note のステージは圧巻!の一言につきる。

100名を超える人数に圧倒されたのではない。

ひとりひとりの熱を感じる、それぞれ違うけれども

それでも統制のとれた思いのこもったパフォーマンス。

リズムを体で感じ腕をあげ、天を見上げ、ステップを踏みならし、

笑顔で歌いあげるその姿をくいいるように見つめ、

ただただ見惚れた。

ダイナミックな歌声が今も頭から離れない。



対照的だったのはゲストシンガーの光永亮太さん。

human noteが「動」なら光永さんは「静」だった。

照明を落とした場内に光永さんの暖かく甘い声が響く。

リハーサルの時から打ち上げまで、こっそり見つめていたが

カッコをつけるところがまったくない、謙虚で素敵な人だった。

打ち上げの時の彼の言葉。コラボ曲に関して

「今まで歌ったなかで、一番感動したAlwaysでした。」と。

一同、沸いた。

ひときわ大きい拍手が鳴り響いた瞬間だった。



そして、打ち上げにはサプライズ!!

有名なあるアーティストが観覧されていたのだ!

そのまま打ち上げにも参加。

「名前をブログで書かないように」と担当者から

クギをさされたので、笑。教えませんが。

ひょっとしたら、来年のゲストアーティストかしら?と

想像している。(今回で同趣旨のライブは3回目)



さて、自分の出番については…。

興奮しすぎて長いリポートになってしまったので

ご報告は、また明日に!!
[PR]
# by soranikokoro | 2012-12-24 23:54


日曜日は、最後のゴスペル練習日だった。

あとは本番を迎えるのみ!



b0207772_2326105.jpg




奈良県の飛鳥地方(橿原市・高取町・明日香村)がすすめている、

世界遺産登録に向けた取組みのひとつとして、

一般の方が楽しく参加できるよう企画された

ゴスペルスタイルのコンサート



私たちを導いてくれるのはhuman note という、ゴスペルチーム!

human note とは関西を中心に活動するシンガーソングライター、

寺尾仁志さんが率いる700 名のシンガーズ。

歌うことが好きで集まったメンバーが歌を届け

その歌を聞いた人が元気になって、その笑顔によって

歌を届けるメンバーたちも元気になる!

そんな『 ウタのある人生の充実』 をテーマに活動しているそう。(HPより)



今日は寺尾仁志さん自ら指導して下さり、

その歌声の生の迫力に本当に圧倒された!

トークも面白くて、ファンになってしまった♡



さて前回、歌いながら泣けてしまう私~と書きましたが

今日、楽譜をはずして歌ったら、泣くどころか

歌詞がまったくアタマに入っていないことが発覚!

ややこしいところは口パクでごまかし、笑顔でカバー。



ああ、あと1週間できっちり覚えなければ…。
[PR]
# by soranikokoro | 2012-12-17 00:26