とても普通で平凡です。そんな愛しい日常生活を綴ります。


by soranikokoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

チェブラーシカ!

風邪でまったく出なくなった声・・・

今日、少しは出るようになった。

ニューハーフのお姉さんみたいな声。

なにか新鮮で、いいと思ってしまった。



先日、ドトールでチェブラーシカのマグカップを2つ購入!

私と娘のぶん。

白いチェブもかわいい。

キティとかミッキーマウスなんかは

まったく興味が持てないが

チェブラーシカはひとめ見た時から

心、わしづかみ状態。

映画も公開中なので。

ぜひ、観に行きたい!




コーヒー豆も販売中。




b0207772_042059.jpg

コーヒー豆のチラシを左に、マグカップの箱を2つ縦に並べて右に。




マグカップは光ってしまい、きれいに写せず・・・



さあ、明日からまた

がんばるよ~!!

みんなも、がんばろな~。

(みんなって言うほど見てへんって)

名指ししても一行で終わる?
[PR]
by soranikokoro | 2010-12-28 00:16

寂しき、クリスマス!


風邪をひいてしまい、絶不調の私。

声がまったく出ない。

こんなの、初めて。

しかも今年のクリスマスは事情があって

祝えず・・・。



地元の駅のイルミネーションをUPしておきます。

また、これもちょっと寂しい。

ちょっとというか、かなり。



b0207772_23471995.jpg




寂しいづくしの今年のクリスマス。

来年は良い年になると思う。

良い年にする!(言い切ってやる~)
[PR]
by soranikokoro | 2010-12-24 23:53

エル・ア・ターブル




初めて買ったこの雑誌。

名前すら知らなかった・・・



付録ほしさに買いました。

DEAN & DELUCAの黒のソムリエ?エプロンがついてる~!

胸の部分がなくて、丈が長くて、ひもを前で結ぶ

カフェの人とかソムリエの人とか

よく着てるやつ~。



カレンダーもついていて(長尾智子さん)

雑誌はオールカラー146ページの料理本で

値段は980円!


b0207772_13441919.jpg




付録、大好き!

子どもの頃から「りぼん」とか買ってたな。

付録のノートとか便せんとか

好きすぎて、使えなくて

引き出しにしまってた・・・。



今は、20代向けの雑誌なんかも

どんな付録かな~って

照れながら

本屋さんでちょっとチェックしています。
[PR]
by soranikokoro | 2010-12-13 00:30

なまけ者のさとり方


折に触れて

取り出してくる シリーズ!!

第3弾…。

今日は本です。カタイです。

どこにも出かけていないので

家の中から、心の中から出して来ましょう シリーズ!!


b0207772_1338486.jpg
なまけ者のさとり方  タデウス・ゴラス  

山川紘矢・亜希子訳  地湧社

1988年4月 初版発行

1994年8月 28刷発行

とあるので、今から15年くらい前に手に入れたものでしょうか。

うっすら、黄ばみかかっている。




当時は、理屈っぽい本だなと思い、

自分の上を素通りする感覚だったのを覚えています。

でも、ずっとブックオフにも売らず

手元に残しておいた、この本。



時おり、出してきては

パッと開いたページを読んだりしています。



その中で好きなフレーズのひとつ。

「私達が見ているものは、常に私達自身なのです。」

見えているものは、自分というフィルターを通してだと

教えてくれたのがこの本です。



私というフィルターがまた、よく目詰まりして

見えにくくなったりするので

困るのです。



出来事をどう見るか

人をどう、みるか

その時の答は

その時の自分そのものです(私の場合。ひとのことはわからない)



望んでいることが叶っても

叶わなくても

それもまたよし

と思ったら、楽しくなってきました。

願いながら、忘れてしまうのが

いちばんよいのかな。
[PR]
by soranikokoro | 2010-12-11 23:05

naomi & goro


クリスマスが近づくと

引き出しからとり出して聴きだすCD。

力みのない透明感あるれる歌声に、ホッとします。

ジャケットのイラストは石坂しづかさん!

b0207772_23122194.jpg

Presente de natal  naomi & goro


好きな音楽+好きな絵

=ちょっと得した気分。ひたすらうれしい!



耳にさらりと心地よく

歌詞ブック(背表紙がありブック調。歌詞カードとは呼べない)の

いくつかのイラストで和み

そりゃ、飽きずに聴きます。

2004年の秋に出たよう。

私が購入したのはもう少し後かな。



はやりすたりのものであふれるなかで

いつ触れても新鮮でありながら

懐かしくて温かくて飾り気がなくて

声高に主張せず

むしろ力を抜いて、ささやいているのに

でも

しっかり存在感を残しながら

流れていく、そんな音楽や絵を

見つけるのが楽しい。






この世界にはこんなにも

美しい絵や音楽であふれている。

なのに

一方では争いや貧困はなくならない。



ならば

ひとりひとりができることは・・・

と考えてみるが

最小単位の社会である「家庭」の中でさえ

意思の疎通を欠くこともあり。




「違い」を受け容れる

来年のわたしのテーマはこれに決めた。
[PR]
by soranikokoro | 2010-12-08 00:12

蜷川実花



年の暮れのこの時期

気が焦るというか

気持ちの落ち着かない人も多いと思います。

私は、これから2~3週間がちょっと大変!

普段からでも落ち着きがないのに

慌てふためいて、ジタバタ。



せめて眠る前、数分間だけでも

ゆったりした気分になりたいと思い

本棚から好きな本を引っぱり出してきました。

その中の好きなページのひとつがコレ。



b0207772_0153817.jpg

蜷川実花写真集 Pink Rose Suite



「服、干してるだけやん!」とか言わないで。



初版発行が2001年1月1日。

10年くらい経っている。

これを購入した時は

どんな毎日を送っていたか

ぼんやり思い出してみたり。



10年経った今でも好き。



「好き」が多いと人生は楽しいのかな。

「好き」の数が少なくても

深く好きなら

愛していたら

それもまた、よろしいな。
[PR]
by soranikokoro | 2010-12-06 00:28